データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍J快勝に4番・吉田正あり!「またプレーしたい」 満塁弾含む5打点の大活躍を指揮官も絶賛

2019/03/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



投手陣は7人が圧巻の無四球完封リレー

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦が10日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦した野球日本代表「侍ジャパン」が6-0で勝利。対戦成績を1勝1敗としてシリーズを終えた。
 
 侍ジャパンは初回、満塁のチャンスでこの日4番に抜擢された吉田正尚外野手が右翼スタンドへ満塁本塁打を放ち、さらに田村龍弘捕手のタイムリー安打でいきなり5点の先制に成功した。2回以降は両チームとも無得点のイニングが続き緊迫した展開となったが、終盤の7回に侍ジャパンが吉田の犠飛によって待望の追加点を挙げて6-0とリードを広げた。
 
 投げては、先発の原樹理投手から始まり、山本由伸投手、田口麗斗投手、三上朋也投手、森原康平投手、森唯斗投手がそれぞれ無四球無失点とし、9回も山崎康晃投手がメキシコ打線を三者凡退に抑えて試合終了。侍ジャパンが6-0と完封リレーで完勝し、対戦成績1勝1敗としてシリーズを終えた。
 
 試合後、稲葉篤紀監督は「昨日の敗戦から切り替えて、選手たちは一生懸命やってくれた」と第一声。先制点となった吉田の満塁本塁打については「素晴らしい打球。打った瞬間『いけー』という感じで叫んだ」とベンチ内で興奮したことを明かした。
 
 また、再三ピンチを招きながら決定打を許さなかった投手陣に関しては「今日は四球もなく投手がしっかりと自分の持ち味を出して抑えてくれた」と称賛。この2試合を振り返って最後に指揮官は「色んな反省点もあったし、たくさん収穫があった。東京五輪では絶対に金メダルを取らないといけない。シーズンを戦って、今後に繋げていってもらいたい」と、大きな目標を掲げながら選手たちにさらなる進化を求めていた。
 
 一方、この日5打点の活躍を見せた吉田は「(本塁打は)しっかり自分のスイングをしようと思って打席に立った。コース関係なく、打てるところに来たらしっかり振ろうと思っていて、結果本塁打になって良かった」とお立ち台で納得の表情を見せた。初選出で4番という大役となったが「任せられたポジションで自分の仕事を全うしよう」と気負わず堂々たる姿勢。最後には「日の丸の重みも感じたし、またユニフォームを着てプレーしたいと思う」と、今後の代表への意欲も語っていた。