データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン、3月の豪州戦に参加する6人を発表 メンバー全員の決定は2月中旬の見通し

2018/01/23

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 侍ジャパン・稲葉篤紀監督は23日に都内で会見を行い、、3月3、4日にナゴヤドーム、京セラドーム大阪で行われる「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本VSオーストラリア」に出場する6人を発表した。
 
 ソフトバンクからは千賀滉大、甲斐拓也、柳田悠岐の3人が選出。柳田は故障や手術の影響で代表辞退が多かったが、今回は晴れて代表入りとなった。また、昨年のWBCへの出場が叶わなかった山崎康晃も今回は代表に選出された。なお、2月中旬にはメンバー全員が決定する見通しとなっているようだ。
 
 また、コーチングスタッフは昨年の11月に行われた「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」と同じとなる。
 
 以下は、今回の発表で選出された6人となる。
 
【投手】
千賀滉大(ソフトバンク)
山崎康晃(DeNA)
 
【捕手】
甲斐拓也(ソフトバンク)
 
【内野手】
菊池涼介(広島)
 
【外野手】
柳田悠岐(ソフトバンク)
筒香嘉智(DeNA)

スポンサードリンク