データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イスラエル代表が20安打15得点で台湾代表を圧倒!2次ラウンド進出へ大きく前進

2017/03/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、チャイニーズ・タイペイ代表対イスラエル代表が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、イスラエル代表が15対7で勝利した。イスラエル代表は6日に韓国代表を延長戦で撃破したのに続き、1次ラウンドで2勝目。2次ラウンド進出を大きく引き寄せた。
 
 イスラエル代表の先発はコリー・ベイカー、チャイニーズ・タイペイ代表の先発は埼玉西武ライオンズ所属のカク・シュンリンで試合が始まった。
 
 試合は初回からイスラエルペースで進む。1回表に1番・サム・フルド、2番・タイ・ケリーが連打で無死二、三塁とすると、3番のアイク・デービスが初球を右翼線に運び、わずか9球で2点を先制。その後も攻撃は止まらずに、8番・タイラー・クリーガーが中前へ2点適時打。チャイニーズ・タイペイのカク・シュンリンを2/3回4失点でノックアウトした。2番手の千葉ロッテマリーンズ所属のチェン・グァンユウは3球で9番・スコット・バーチャムを三振に打ち取り、火消しに成功するも、イスラエルが立ち上がりから鮮やかな速攻攻撃でチャイニーズ・タイペイを圧倒した。
 
 少ない球数で好投を続けていたチェン・グァンユウだが、3回表には四球で5番・ザック・ボレンステインを歩かせた直後の甘く入った初球を6番・ライアン・ラバーンウェイに完璧に捉えられ、センターへ2ラン本塁打を浴び、6対0とリードを広げられる。
 
 一方、イスラエルの先発のベイカーはテンポよく投げ込み、3回までチャイニーズ・タイペイ打線をパーフェクトに抑えるピッチング。この日は59球で4回2/3を無失点に抑え、先発としての役割をしっかりと果たした。
 
 チャイニーズ・タイペイも6回裏に、安打と失策と四球で満塁のチャンスを作ると、4番・リン・ジシェンが左越え二塁打を放ち、2点を返す。続く、5番・リン・イーチェンも犠飛で6対3と3点差にするも反撃はここまで。
 
 7回表にはイスラエルが安打と相手の失策で5点を追加し、11得点。さらに8回に適時打、9回には4番・ネイト・フレイマンの3ランで突き放し、終わってみれば、20安打15得点とチャイニーズ・タイペイを完全に圧倒。9回にはチャイニーズ・タイペイが4点を返し最後の意地を見せるも、15対7でイスラエルが勝利した。
  
 今日の勝利でイスラエル代表は1次ラウンド2勝目。2次ラウンド進出はまだ確定はしていないが、初のWBC出場での1次ラウンド突破を大きく引き寄せる1勝となった。米大手ブックメーカー『ボバダ』がWBC開幕前に発表したオッズは全チーム中で単独最下位の201倍だった超大穴イスラエルの歴史的な快進撃が続いている。次戦は9日にオランダ代表との試合が控えている。