データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・3回】則本、台湾最強打者に逆転本塁打を許す。侍打線はプレミア12米代表右腕の前に無得点<侍ジャパン壮行試合>

2017/02/28

text By

タグ: , , , , ,



 3回表も則本が続投。先頭の1番ヤン・ヤオシュンの2打席連続となる内野安打を浴びるも、2番リン・ジーピンを見逃し三振に抑える。しかし、台湾最強打者と称される3番ワン・ブォロンに逆転本塁打をバックスクリーンに運ばれ、逆転を許した。
 
 その後は4番のポン・ジョンミンを空振り三振、5番リン・ホンユーから見逃し三振と2者連続三振を奪ったが、この回則本は2失点を喫し、逆転を許した。
 
3回裏からは、2015年のプレミア12でアメリカ代表であったザック・セゴビアが登板。
 
 台湾球界の助っ人投手の前に、4番筒香は中飛、5番中田は空振り三振に倒れるも、6番平田はバットを折りながらも、左前のポテンヒットの間に好走塁で2塁を陥れた。しかし、7番松田は空振り三振に倒れ、無得点に終わった。
 
侍ジャパン2-3CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ
 
則本 54球
ザック・セゴビア 24球
 
本塁打

台 ワン・ブォロン(3回表ツーラン)
 
バッテリー
則本-大野
ワン・イージョン-ザック・セゴビア-リン・ホンユー