データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平含むエンゼルス打線を完封。アスレチックス右腕は「彼が素晴らしい選手なのは誰もが知っている」

2021/07/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地オークランド・アスレチックス戦で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン出場したが、3試合ぶりの無安打に終わった。同試合に先発登板したアスレチックスのジェームズ・カプリーリアン投手が大谷の印象について語ったと、米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 大谷は初回の第1打席でカプリーリアンと対戦し、四球を選んで出塁したが、得点にはつながらず、3回の第2打席は空振り三振。5回の第3打席、セルジオ・ロモ投手と対峙した7回の第4打席も同じく空振り三振に終わり、3打席連続三振を喫した。大谷翔平含むエンゼルス打線が抑えられ、エンゼルスは0-6の敗戦を喫している。

 同メディアによると、カプリーリアンが大谷について「大谷は素晴らしい野球選手だ。それは誰もが知っていること。それでも僕は自分の後ろにいる仲間を信じている。僕は自分自身の能力も信じている」と語ったという。この日、大谷の成績は3打数無安打3三振1四球で打率.274、OPS1.040(出塁率.361+長打率.679)となった。






  • 記者募集