データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、後半戦初の34号2ランホームラン! 9回2死からの一発含むマルチ安打&2四球、2位ゲレーロJr.と3本差に

2021/07/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地で行われたシアトル・マリナーズ戦に「2番・指名打者(DH)」でスタメン出場。今季第34号2ラン本塁打を含むマルチ安打、2四球の活躍を見せたが、チームは敗れた。
 

 
 低めの変化球を上手くすくいあげ、後半戦初の一発を放った。

 大谷の第5打席は、5点ビハインドの9回2死三塁と後がない場面。右腕ポール・シーウォルド投手がフルカウントから投じた7球目、低めの79.9マイル(約129キロ)スライダーを上手くすくった。打球は右中間スタンドに飛び込む第34号2ランホームラン。土壇場で3点差まで迫った。
 
 この本塁打は、打球速度107マイル(約172キロ)、飛距離419フィート(約128メートル)。本塁打ランキングで猛追する2位ブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)との差を3本に広げた。
 
 7回1死の第4打席では、左腕アンソニー・ミセビッチ投手のカーブを引っかけ、一塁へのゴロとなったが、快速を飛ばして内野安打を記録。先発右腕ローガン・ギルバート投手とは3打席対戦し、空三振、四球、四球となった。
 
 この日の大谷は、3打数2安打2打点1本塁打2四球の成績。打率.277、OPS1.051(出塁率.363、長打率.688となっている。
 
 エンゼルスは、初回に2点を先制されると、5回までに6点ビハインドと苦しい展開を強いられた。反撃したい打線は、6回にホセ・イグレシアス内野手が2点適時打を放つと、5点差の9回には大谷の2ランで粘りを見せたが、4-7で敗戦。後半戦最初の3連戦は、1勝2敗で負け越しが決まった。

1 2





  • 記者募集