データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2021年、大谷翔平が本塁打を量産できる宇宙人的メカニズム―MLB史上最も正確かつ強力な垂軸と体軸が爆発的パフォーマンスを生み出す(第2回)

現地7日に行われたレッドソックス戦で今シーズン32号本塁打を放ち、2004年に松井秀喜選手が記録した日本人の年間最多本塁打記録を塗り替えた大谷翔平。野球の母国アメリカで「ありえない」「地球人ではない」「宇宙から来た」と絶賛されている2021年シーズンの大谷だが、宇宙人と言いたくなるほど他の選手とは異なるそのパフォーマンスの中身、つまりはその脳と身体が織り成すメカニズムとは何なのか。結果としての記録や評価(人気、騒ぎも含め)よりも、真の“原因”こそ知りたいという玄人の読者のために、5月に『背骨が通れば、パフォーマンスが上がる!』(カンゼン刊)を上梓した高岡英夫氏が高度運動科学による分析を随筆風にお届けする。(全2回構成)

2021/07/15

text By

タグ: , , , , , , , ,



体幹の中心は軸と背骨

 
 第1回で説明した通り、これほどの肩・肩甲骨(S1S2)×(S1→S2)を体幹に乗せることのできている選手は、今のMLBには大谷の他にもちろん誰もいない。だから大谷がMLBで他を圧倒するパフォーマンスを見せる理由を、もうこれ以上に語る必要はないのかもしれない。しかしこれだけでは、実は宇宙人のメカニズムを本当に語ったことにはならない。
 
 では語ろう、宇宙人の体幹の中の秘密を(もちろん正確には、地球人が宇宙人と間違えられる秘密だが)。
 
 最高の体幹ローテーションに最正確で最強の軸が必須不可欠であることについては、説明は不要だろう。ではその軸とは一体何だろうか。軸があるというならその存在の背景は一体何なのだろうか。軸は何の背景もなく、いつの間にか、あるいはある日突然、何の背景も理由もなく、そう何のメカニズムも関係なしに、論理も構造もなく勝手に存在しちゃうものなのか。
 
 実は全くその逆、事実は、軸は完全なメカニックな背景のもとに完璧な論理的整合性のもとに成立するものなのだ。まず軸には「垂軸」と「体軸」の2種類がある(これを「垂体軸理論」という)ことを知って欲しい。
 
1. 垂軸:地球の重心と人の重心との間に存在する重力線を潜在脳が形状ある意識(身体意識という)として変換形成したもの。
 
2. 体軸:体重を支える支持組織としての骨格における力学的構造の中心を潜在脳が形状ある意識(身体意識)として変換形成したもの。
 
 簡単な言い方をすれば、垂軸は人の身体の重心を通る垂直線状の身体意識、体軸は背骨に沿ってできる直線状の身体意識ということになる。そして実は、大谷はこの垂軸、体軸ともに今のMLBはもちろんのこと、MLB史上でも最も正確かつ強力なものを備えているのだ。
 

垂軸と体軸のメカニズム

 
 では垂軸と体軸は各々身体のどこを通るのだろうか。この下図を見て欲しい。
 

 
 まず垂軸だ。およそヘソの高さで身体前後幅の中央付近にある重心を通る垂直線の位置に通っていれば、とりあえずオーケーということだ。さらに次の図を見て欲しい。
 

 
 体重を支持する力学的構造とすれば、体幹では背骨以外にその役割は不可能なので、脊椎以外にその担当部分はないわけだが、背骨でも後ろ半分の背中側から手でさわれる部分は筋肉が付着し様々な筋力を加え動かしたり固定したりの作用を施す部分で、支持構造の中心にはなり得ない。したがって体軸が通るべきは前半部分である椎骨の力学的中央ラインということになる。中央ラインはそれを挟んで前後に分けられる椎骨の数が半々の同数でなければならないので、上図の位置になる。
 
 でこのどちらの軸の位置も、言われてみれば「そりゃそうだ」と誰でも簡単に分かる話だが、自分の身体に実際に通すとしたらどうだろう……。まさに「言うは易く行うは難し」そのものということになる。
 
 まず垂軸だが、重心線を人が感知するには(もちろん潜在脳の働きだが)耳奥の前庭器官だけでは全く足らず、全身の筋肉と骨格にある厖大な数の力学センサーを働かせて、張力、圧力情報を集め計算し割り出す以外にはないのだ。で、このためには、立って体重を支持する以外の一切の全身の筋収縮を可能な限り無くし、全身を徹底的に緩め脱力することが必須不可欠なのだ。そうでないと、雑多で無意味な筋の張力、骨の圧力情報が脳に侵入してしまい、計算が狂ってしまうからだ。緊張したり、疲労していたり、そもそもスポーツ音痴だったりで無駄に筋肉が力んでいると、バランスもうまく取れず、なめらかしなやかに動けず、ギコチナイ動きしかできなくなるのは、そのためだ。
 
 また体軸を正しく背骨の椎骨中央ラインに通すには、背骨の一個一個全ての位置を正確に潜在脳に教えるために、椎骨一個一個に付着し動かす短回旋筋・長回旋筋という脊椎深層筋群でも多裂筋よりさらに深層部にある筋肉が(必然的に一個一個細かく)働く必要がある。これらの回旋筋と一個一個の椎骨の張力・圧力、そして動きと位置情報以外には、背骨の椎骨全部の位置関係から、潜在脳が計算でその中央ラインを割り出すことは、不可能だからだ。
 

1 2





  • 記者募集