データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、日米通算50勝達成! 7回無四球2失点で今季4勝目、打撃では適時二塁打放ち“リアル二刀流”で躍動

2021/07/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。投げては7回2失点で今季4勝目を挙げ、打っては適時二塁打を放った。
 

 
 今季10度目の“リアル二刀流”で投打に渡る活躍を見せた。

 投手・大谷は鬼門の初回、先頭のエンリケ・ヘルナンデス外野手にいきなり二塁打。1死三塁と局面は変わり、3番J.D.マルティネス外野手の犠飛で先制点を献上した。
 
 しかし、直後の打撃で取り返す。打者・大谷は初回無死二塁のチャンスで迎えた第1打席、先発右腕ネイサン・イオバルディ投手が1ストライクから投じた2球目、89.5マイル(約144キロ)のスプリットを弾き返した。打球速度108マイル(約174キロ)の強烈な当たりは、右翼フェンスにワンバウンドで到達する適時二塁打。その後、バッテリーを組むマックス・スタッシ捕手の2ラン本塁打で逆転に成功した。
 
 投手としても立ち直りを見せ、2、3回を三者凡退。4回は先頭打者に二塁打を打たれるも無失点で抑え、勝利投手の権利がかかった5回も難なく3人で終えた。
 
 続く6回、三度先頭打者に二塁打を許すと、1死三塁から2番アレックス・バードゥゴ外野手を97.5マイル(約157キロ)のフォーシームで空三振を奪ったが、3番マルティネスに適時打を打たれて失点。続くザンダー・ボガーツ内野手には大飛球を飛ばされたが、中堅手フアン・ラガーレス外野手が見事なホームランキャッチを見せ、なんとか最小失点で凌いだ。
 
 直後にデビッド・フレッチャー内野手の適時内野安打などで2点を追加。大谷は3点リードに変わった7回もマウンドへ。先頭打者の安打とパスボールで無死二塁のピンチを背負ったが、無失点で切り抜けた。
 
 エンゼルスは、9回に1点を失ったが、3-5で勝利。大谷はメジャー通算8勝目、日米通算50勝に到達した。
 
 この日の大谷は、7回(89球)を投げ、被安打5、与四死球0、奪三振4、失点2の成績で4勝目(1敗)。防御率3.49、WHIP1.21。
 
 2打席目以降の打者・大谷は、見三振、三飛、空三振で4打数1安打1打点の成績。打率.276、OPS1.054(出塁率.362+長打率.692)となっている。






  • 記者募集