データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、7回2失点の好投で日米通算50勝! 米記者が称賛「驚異的なイニングだった」【海外の反応】

2021/07/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地ボストン・レッドソックス戦で「2番・投手」として二刀流出場。投げては7回無四球2失点の成績を残した。この活躍に対し、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が反応している。
 

 
 初回、投手・大谷は先頭エンリケ・ヘルナンデスに二塁打を打たれ、続くアレックス・ベルドゥーゴ外野手は打ち取ったものの、J.D.マルティネス外野手に左中間への犠飛を浴びて失点した。

 それでも、その裏で打者・大谷はネイサン・イオバルディ投手から同点をもぎ取るタイムリーツーベースをマークして1-1の同点とする。その後、6回に1点差に詰め寄られた後、ザンダー・ボガーツ内野手にの右中間大飛球を許して、あわや同点の場面を迎えたが中堅手ラガレスのファインプレーによってピンチを免れた。
 
 この日、大谷は7回(89球)を投げ、被安打5、与四死球0、奪三振4、失点2の成績で4勝目(1敗)。防御率3.49、WHIP1.21。エンゼルスは5-3の勝利をおさめ、大谷自身は日米通算50勝目を飾っている。大谷の活躍を受けて、マグワイア記者は自身のツイッターに「大谷翔平選手は、7回という素晴らしいイニングをこなした。驚異的なイニングだったね」と綴り、称賛している。






  • 記者募集