データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、初回7失点した大乱調の原因は? 体調万全も「ひっかけが多かった」

2021/07/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、敵地ニューヨーク・ヤンキース戦で「1番・投手」で投打同時出場したが、初回に7失点でKOされ無念の降板となった。試合後に自身のプレーを振り返っている。米公式サイト『MLB.com』が報じた。
 

 
 投手・大谷はエンゼルスが2点リードした初回、3者連続四球で無死満塁のピンチを招く。そして、ジャンカルロ・スタントン外野手とグレイバー・トーレス内野手に連続適時打で同点とされ、1死後にはミゲル・アンドゥハー外野手の三ゴロの間に逆転を許した。立て続けに失点を喫し、この回だけで計7失点。わずか2/3回でKOされ、ベンチに退いている。

 同メディアによると、大谷は通訳を通じて「ヤンキースタジアムのプレッシャーはあまり感じませんでした。この2日間はここで打っていたので慣れていました。投球面では体の調子も良く腕の動きも良かったのですが、ひっかけが多かったと思います」と、自身のプレーを振り返っている。
 
 この日の投手・大谷は、2/3回(41球)を投げ、被安打2、与四死球5、奪三振1、失点7の成績で2敗目(3勝)。防御率3.60、WHIP1.27。打者・大谷は、初回の第1打席で先発右腕ドミンゴ・ヘルマン投手に対し中飛で、打率.277、OPS1.045(出塁率.360+長打率.685)となっている。






  • 記者募集