データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平がメジャー自己最長飛距離を更新! 今季17号は143メートルの超特大ホームラン【海外の反応】

2021/06/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「2番・指名打者(DH)」でスタメンし、超特大の第17号本塁打を放った。大谷の最長記録を大幅に更新する本塁打だったと、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者が伝えている。
 

 
 エンゼルスは初回、先頭のジャスティン・アップトンが四球で出塁。1回無死一塁で大谷はロイヤルズの左腕クリス・ブビック投手と対峙し、カウント2-2から真ん中に入ってきたチェンジアップを捉え、バックスクリーンへと消える先制2ラン本塁打を放った。

 フレッシャー記者によると、本塁打の飛距離は470フィート(約143.3メートル)で、大谷の自己最長記録だった飛距離451フィート(約137.5メートル)を大幅に塗り替える超特大弾になったという。最近は四球攻めにあっていた大谷だが、3試合ぶりに目が覚めるような一発を放っている。






  • 記者募集