データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、3打数1安打でホーム生還も。米記者が評価「非常に大きな進歩を遂げている」【海外の反応】

2021/05/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地テキサス・レンジャーズ戦で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン出場を果たした。この日の成績は3打数1安打1四球1得点で打率.270。米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が、今季これまでの大谷の活躍を評価している。
 

 
 初回の第1打席で大谷はレンジャーズのデーン・ダニング投手と対峙。1回は遊ゴロで凡退となる。2回1死一塁の第2打席は空振り三振で終えたが、5回無死の第3打席では四球で出塁。さらにアンソニー・レンドン内野手の二塁打でホームに生還した。6回1死の第4打席では三塁内野安打を放ち、2試合連続安打をマークしている。

 マグワイア記者は大谷がホームを目指して駆け抜ける動画と共に「大谷翔平は非常に大きな進歩を遂げている」と自身のツイッターに綴り、大谷の成長ぶりを評価している。






  • 記者募集