データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、7回1失点で今季5勝目! パドレスは破竹の9連勝

2021/05/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたシアトル・マリナーズとのインターリーグに先発登板。7回1失点の好投で今季5勝目を挙げた。
 

 
 要所を締めた投球で、チームトップの5勝目を手にした。

初回を三者凡退で立ち上がったダルビッシュ。2回は先頭打者に安打を打たれるも無失点とすると、3回には8番ジャック・メイフィールド内野手、9番ジャスティン・ダン投手をスライダーで連続三振に仕留めるなど序盤から安定した投球を見せた。
 
 4回も三者凡退としたが、1点リードの5回、先頭の6番サム・ハガーティ外野手の二塁打で得点圏に走者を背負うと、後続2者を打ち取るも、相手先発の9番ダンに同点適時二塁打を許した。
 
 続く6回も1死一、三塁のピンチを迎えたダルビッシュ。しかし、5番ホセ・ゴドイ捕手を二併殺打に打ち取り無失点。3点リードに変わった7回も、1死一塁から2個目の併殺打で難を逃れ、マウンドを後にした、
 
 この日のダルビッシュは、7回(93球)を投げ、被安打7、与四死球0、奪三振5、失点1の成績で5勝目(1敗)。防御率1.75、WHIP0.89となっている。
 
 パドレスは、2回に4番フェルナンド・タティスJr.内野手のソロ本塁打で先制。5回に同点に追いつかれたが、6回には4番タティスの適時打、6番ウィル・マイヤーズ外野手の犠飛などで3点を奪い、逆転に成功した。以降も4番タティスの満塁弾などでリードを広げ、9-2で勝利。好調のチームは、連勝を9に伸ばした。

1 2





  • 記者募集