データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース・筒香嘉智、待望の移籍後初安打はタイムリー! 「4番・左翼」フル出場で1安打1打点

2021/05/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの筒香嘉智外野手は19日(日本時間20日)、本拠地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に「4番・左翼」で先発出場。第2打席に三遊間を破る適時打を放ち、移籍後初安打初打点を記録した。
 

 
 待望の移籍後初安打は、追撃の一打となった。

 第2打席は、2点を先制された直後の4回、2死二塁のチャンスで迎えた。相手先発マット・ピーコック投手に対し、2-2からの6球目、93.8マイル(約151キロ)シンカーに食らいついた。打球は三遊間を破り、二塁走者が生還。1点差に迫る貴重な1本となった。
 
 2回の第1打席は二ゴロ、6回2死二、三塁と一打逆転のチャンスで迎えた第3打席だったが、右腕テイラー・クラーク投手の前に再び二ゴロ。8回の第4打席は、左腕ケイレブ・スミス投手にフルカウントから空振り三振を喫した。
 
 この日の筒香は、4打数1安打の成績。打率.167、OPS.470(出塁率.255+長打率.214)となっている。
 
 ドジャースは4回に2点を先制されたが、直後に筒香の適時打で1点差。7回には相手の失策や、1番ムーキー・ベッツ外野手の適時二塁打で3点を奪い逆転に成功した。接戦の展開が続いたが、リリーフ陣がリードを守り抜き、4-2で勝利。3連勝を飾った。

1 2





  • 記者募集