データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、“リアル二刀流”翌日に今季初の1番起用も無安打 エンゼルスは投打噛み合わず大敗

2021/05/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は12日(日本時間13日)、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に「1番・指名打者(DH)」で先発出場。二刀流出場の翌日に今季初めてトップバッターとして起用されたが、4打数無安打に終わり、チームも大敗を喫した。
 

 
 大谷は初回、アストロズ先発ホセ・ウルキディ投手の力強いフォーシームに三球三振。3回1死の第2打席は、初球のチェンジアップを打って左飛に倒れた。

 6回無死の第3打席では、2番手ブランドン・ビーラック投手に対し、粘りを見せるも空振り三振。1点を返した8回の第4打席も二ゴロに終わった。
 
 この日の大谷は、4打数無安打の成績。打率.257、OPS.877(出塁率.303+長打率.574)となっている。
 
 エンゼルスは、初回に2本の本塁打で3失点。2回以降は先発アンドリュー・ヒーニー投手が好投を見せていたが、6回に2ラン本塁打を被弾した。反撃したい打線は、8回に1点を返したが、直後の4失点でさらにリードを広げられ、1-9で敗戦。2連敗でカード負け越しが決まった。






  • 記者募集