データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、全力疾走もヒットならず。米記者「一塁手がレースで彼を倒す」【海外の反応】

2021/05/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地ヒューストン・アストロズ戦で「2番・DH(指名打者)」として先発出場。この日の大谷は3三振を含む5打数無安打。米記者が8回の第5打席の場面について言及している。
 

 
 大谷は初回1死の第1打席、アストロズのルイス・ガルシア投手と対峙すると、1球目のカーブと2球目のチェンジアップを見逃し。さらに3球目の低めのチェンジアップを空振りし3球で仕留められた。3回2死の第2打席では、低めの直球を2球連続で見逃した後、4球目の外角低めのチェンジアップを空振りして2打席連続の三振に倒れた。

 5回2死の第3打席、大谷は1ストライクから2球目の真ん中に入ったチェンジアップを捉え、打球は右翼へ大きく舞った。しかし、ファウルになったことで11号本塁打はお預けに。3球目は空振りに終わり3打席連続の空振り三振に打ち取られた。
 
 第4打席は6回2死一、三塁の状況で迎えると、アストロズのブルックス・レイリー投手の投球を打球速度110マイル(約177キロ)で打ち返す。強烈な当たりだったが、ホセ・アルトゥーベ二塁手の正面だったためチャンスを繋げることは出来なかった。
 
 そして8回2死三塁の第5打席、フルカウントからスライダーを引っ掛け、一塁に向かって全力疾走。持ち前の俊足で一気に駆け抜けたが、先にユリ・グリエル一塁手にベースを踏まれ一ゴロに倒れた。米紙『USAトゥデイ』のマイケル・シュワブ記者は動画と共に「ユリ・グリエル一塁手がレースで大谷を倒すように見える」と自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集