データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、打者出場直訴でスタメンもノーヒット。エンゼルスは1-6で完敗

2021/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地テキサス・レンジャーズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。前日に「打ちたい」と直訴して出場を勝ち取るもノーヒットに終わり、チームは1-6の敗戦を喫した。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 初回の第一打席でレンジャーズのマイク・フォルテネービッチ投手と対峙した大谷は、カウント1−1から外角のチェンジアップにタイミングを外され右飛で凡退。第2打席も内角のスライダーで再び右飛に仕留められた。第3打席は空振り三振、第4打席は94・5マイル(約152キロ)の直球を捉えるも、三ゴロに倒れた。この日の大谷は、4打数無安打の成績。打率.286、OPS.969(出塁率.326+長打率.643)となっている。

 同メディアによると、大谷は前日、ジョー・マドン監督に対して打者出場を自ら申し出ていたという。この件に関して、マドン監督も「彼は昨日私に近づき、明日打ちたいと言った。体調に問題なければお互い同意していることでもある」と語り、大谷が打者出場を直訴してきたことを認めている。






  • 記者募集