データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、凍える寒さに苦戦。自らの悪送球もあり3失点「このような気温の中で投げた経験あまりない」

2021/04/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 ミネソタ・ツインズの前田健太投手は14日(日本時間15日)、ボストン・レッドソックスとのダブルヘッダー第1戦で先発登板。4回1/3を投げ、7安打3失点(自責2)2四球5奪三振で降板し今季初黒星を喫した。前田は試合後、慣れない気温に苦戦したことを明かした。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 初回、前田は安打と四球で一死一、二塁とされるも4番ザンダー・ボガーツ内野手を三飛、5番ラファエル・デバース内野手を空振り三振に仕留め無失点で切り抜けた。だが、2回は単打4本と自らの悪送球などで3失点。3回と4回は失点を免れたが、5回に一死三塁となったところで降板となった。

 同メディアによると、前田は試合を振り返り「このような気温の中で投げた経験はあまりないですが、投げた球も良くなかった」と寒さに触れ、送球エラーに関しては「ボールをしっかりと握ることが出来ず、そのまま投げてしまった」と答えた。






  • 記者募集