データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の打球速度192キロの弾丸ライナーにエンゼルス指揮官が衝撃「彼は素晴らしいアスリートだ」

2021/04/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「2番・DH(指名打者)」で先発出場。第4打席で放った右翼フェンス直撃する二塁打の打球速度は、自己最速で今季メジャー最速の119マイル(約192キロ)を記録し、ジョー・マドン監督が感銘を受けた。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 初回に5試合連続安打となる左前打を放つと、7回2死二、三塁の場面でスコット・バーロウ投手の投球を捉え右翼フェンス直撃のタイムリーツーベース。この時の打球速度は自己最速で今季メジャー最速の119マイルを記録していた。この日の大谷は、5打数3安打3打点2得点の成績を残している。

 マドン監督は「とても印象的だった。彼は素晴らしいアスリートだ。そして今、彼はこれ以上ないくらい良い感覚と自信を得ているだろう」と語り、大谷を称賛した。大谷の活躍もあり、エンゼルスは10-3の勝利をおさめている。






  • 記者募集