データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、今季復活を期待する9選手に選出! MLB公式が注目「彼の二刀流の輝きは今季必見」【海外の反応】

2021/04/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 米公式サイト『MLB.com』が「これらの強打者が帰ってきたと言うのは時期尚早ではない」と題して9人の選手を特集し、そのうちの一人としてロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手を選出した。
 

 
 大谷は2018年に衝撃のメジャーデビューを果たすも2019年と2020年は怪我に苦しみ不本意なシーズンを過ごした。それでも今季はオープン戦から好調を維持。2日(日本時間3日)に行われたシカゴ・ホワイトソックス戦で今季1号2ランを放つと、4日(同5日)の試合には「2番・投手」として先発出場し、打っては初回に先制の第2号本塁打。投げては最速101マイル(約163キロ)の剛速球を披露して、4回までホワイトソックス打線を無失点に抑え、“リアル二刀流”の実力を見せつけた。9日(日本時間10日)のトロント・ブルージェイズ戦では豪快な3号ソロも打っている。

 同メディアは大谷について「彼の二刀流の輝きは、今季必見のアトラクションだ。全米のファンは4日に初めて大谷の投球と打球を同じ試合で見た。26歳の彼はマウンドで最速101マイルで投げ、初回に115.2マイルの球を打ちファンを落胆させなかった。大谷は日曜日の試合で7バレルでリーグトップタイとなり、長打は6本(3本塁打)を記録。最初の36打席でOPS1.039をマークし、2020年のOPS.657から向上している」と解説した。
 
 大谷の他には、ヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手やセントルイス・カージナルスのノーラン・アレナド内野手、シカゴ・カブスのクリス・ブライアント内野手などが選出されている。






  • 記者募集