データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平が“リアル二刀流”で特大2号本塁打&163キロ剛速球!エンゼルス指揮官は「完璧な野球選手だった」【海外の反応】

2021/04/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、シカゴ・ホワイトソックス戦で「2番・投手」でスタメン起用。投打同時出場の大谷はソロ本塁打を放つなど“リアル二刀流”として活躍した。エンゼルスを率いるジョー・マドン監督が、そのプレーを称賛している。米メディア『ESPN』が報じた。
 

 
 初回、打者・大谷はホワイトソックスのディラン・シーズ投手が投げた97マイル(約156キロ)直球を捉えて右中間へ先制2号ソロを放った。投げては101マイル(約163キロ)の剛速球を披露。しかし、5回2死満塁のピンチに自らの暴投で1点を失うと、打席のヨアン・モンカダ内野手を三振に打ち取るも、守備のミスなども重なって二者が生還し、たちまち同点に。その直後、ホームのベースカバーに入った大谷が走者と交錯して負傷交代した。

 勝利投手の権利をあと一歩のところで手放したものの、マドン監督は「完璧な野球選手だった。100マイル(約161キロ)を超える球を投げ、100マイルを超える打球速度で400フィート(約122メートル)飛ばした。これは私たちがこれまでずっと話してきたこと。彼には、そのチャンスが必要だったということだ」と語り、大谷のプレーを称賛している。






  • 記者募集