データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、逆方向への2打席連続アーチに「とても良く見えている」 相手投手も称賛、エンゼルス指揮官は「信じない理由がない」

2021/03/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は15日(日本時間16日)、シンシナティ・レッズとのオープン戦に「2番・指名打者(DH)」で先発出場。2打席連続本塁打を放つなど3打数2安打2打点の活躍で、打線を牽引した。米公式サイト『MLB.com』が同日伝えている。
 

 
 驚愕の2打席連発は、ともに逆方向へアーチをかけた。

 まずは初回の第1打席、右腕マイケル・ローレンゼン投手と対戦。フルカウントから外角高めの速球を打ち返すと、打球は高い弾道を描いて左翼後方へ。そのままスタンドへ飛び込み、同点のソロ本塁打となった。
 
 続く第2打席は、3回1死の場面。ローレンゼンとの2度目の対決は、初球に結果を出した。ブレーキの効いた変化球が甘く入ったところを逃さず完璧にとらえ、風に流されながらも左翼スタンドへ。一次逆転となるソロ本塁打となった。
 
 5回の第3打席は、昨季まで同僚だった右腕ノエ・ラミレス投手と対峙し、空振り三振。8回にも打順が回ってきたが、オープン戦ということもあり、代打を送られて交代となった。
 
 この日の大谷は、3打数2安打2本塁打2打点の成績。オープン戦打率.563、OPS1.681となっている。
 
 同サイトによると、大谷は試合後の取材に応じ、「投手として投げた後も、自然に打席へ迎えている。ボールがとてもよく見えている」とコメント。指揮官ジョー・マドン監督は、「彼を信じない理由がない」と絶大な信頼を寄せた。
 
 また、被弾を許したローレンゼンは、投手ながら野手顔負けの打力を誇り、外野での出場経験もある。試合後の取材で大谷については、「二刀流として本物だと言ってきた」と語った。

1 2





  • 記者募集