データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、7回3失点も勝ち負け付かず カブスはサヨナラ勝ちで3連勝

2020/09/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、本拠地でのクリーブランド・インディアンス戦に先発登板。7回3失点(自責点2)の粘投も、勝ち負けは付かなかった。
 

 
 ダルビッシュは、初回を三者凡退。2回も無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せた。
 
 1点リードで迎えた3回、先頭の8番ジョシュ・ネイラー外野手に二塁打を打たれ、得点圏に走者を背負うと、続く9番デライノ・デシールズ外野手の適時打、1番フランシスコ・リンドーア内野手の適時二塁打で一気に逆転を許した。
 
 4回は無失点に抑えたが、5回に1死二塁から1番リンドーアにこの日2本目の適時打を許し、追加点を献上した。
 
 直後に味方打線が奮起し同点。ダルビッシュは6回も得点圏に走者を背負ったが、無失点に抑え、7回のマウンドへ。1死から9番デシールズに二塁打、1番リンドーアは申告敬遠で一、二塁のピンチを迎えたが、2番マイク・フリーマン内野手を二ゴロ、3番ホセ・ラミレス内野手は中直に打ち取り、ピンチ脱出。粘りの投球を見せ、リリーフ陣に後を託した。
 
 この日のダルビッシュは、7回(100球)を投げ、被安打9、与四球1、奪三振7、失点3(自責点2)の成績。防御率1.86となっている。
 
 カブスは、2回に6番ハビアー・バエズ内野手のソロ本塁打で先制。直後に逆転を許したが、1-3の5回に2番クリス・ブライアント内野手の適時打、続く3番アンソニー・リゾ内野手の適時二塁打で同点に追いついた。7回には1死一、三塁から4番ウィルソン・コントレラス捕手の犠飛で逆転に成功。8回にはバエズの好走塁でリードを広げた。9回表に3番手ジェレミー・ジェフレス投手が同点2ラン本塁打を浴び、ダルビッシュの勝ちは消滅するも、9回裏に1死満塁から押し出し死球でサヨナラ勝ち。6-5で勝利したカブスは、3連勝となった。



  • 記者募集