データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、代打出場も3打数無安打 レイズは1点差で敗れ3連敗

2020/09/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 タンパベイ・レイズの筒香嘉智外野手は10日(日本時間11日)、本拠地でのボストン・レッドソックス戦に代打出場。3打数無安打に終わり、チームも敗れた。
 

 
 ベンチスタートの筒香は5回、先頭の1番マニュエル・マーゴ外野手が安打で出塁すると、2番ランディ・アロザレーナ内野手の代打として起用。レッドソックスの2番手右腕ライアン・ウェーバー選手との対戦だったが、中飛に倒れた。
 
 そのまま「2番・指名打者(DH)」に入った筒香は、7回1死で第2打席を迎えるも、見逃し三振。9回1死一塁の第3打席は、空振り三振に終わった。
 
 この日の筒香は、3打数無安打の成績。打率.190、OPS.723となっている。
 
 3回に2点を先制されたレイズは、4回に5番ハンター・レンフロー外野手、6番ブランドン・ロウ内野手の連続本塁打で同点。5回に逆転されるも、直後に3番オースティン・メドウズ外野手の適時二塁打で再び同点に追いついた。しかし7回に再逆転を許すと、9回には2死三塁のチャンスを作るも無得点に終わり、3-4で敗戦。レイズは3連敗と調子を落としている。

1 2


  • 記者募集