データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



山口俊、2回1失点で今季2勝目! ブルージェイズは3連勝

2020/09/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 トロント・ブルージェイズの山口俊投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのニューヨーク・ヤンキース戦にリリーフ登板。2回1失点で今季2勝目を手にした。
 

 
 ブルージェイズは、2回に7番ジョナサン・デービス外野手の2ラン本塁打で先制に成功。2点リードの5回から山口がマウンドに上がった。
 
 先頭の2番ルーク・ボイト内野手、3番アーロン・ヒックス外野手に連続安打を許すと、4番クリント・フレイジャー外野手には四球を与え、いきなり無死満塁のピンチを背負った。1死後、6番マイク・トーチマン外野手の犠飛で1点を失ったが、後続を抑え最小失点で切り抜けた。
 
 6回も続投した山口。8番ミゲル・アンドゥハー内野手、9番タイラー・ウェイド内野手を連続三振に打ち取ると、1番DJ・ルメイヒュー内野手には安打を打たれるも、2番ボイトを遊ゴロに打ち取り、勝ち投手の権利を得たままマウンドを降りた。
 
 この日の山口は、2回を投げ、被安打3、与四死球1、奪三振3、失点1の成績で2勝目。防御率3.98となっている。
 
 7回以降は、両投手陣の好投で1人の走者も許さずに試合は最終回へ。ブルージェイズは前阪神タイガースのラファエル・ドリス投手をマウンドへ送ると、三者凡退で試合を締め、2-1で勝利。接戦を制したブルージェイズは、連勝を3に伸ばした。



  • 記者募集