データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、6回2失点の好投で今季初勝利! 筒香嘉智との対決も2打数無安打に

2020/09/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのタンパベイ・レイズ戦に先発登板。6回2失点の好投で、今季初勝利を挙げた。メジャー3度目となるレイズ・筒香嘉智外野手との日本人対決も2打数無安打に抑え、田中に軍配が上がった。
 

 
 初回を無失点に抑えた田中は、1点の援護をもらった2回無死で筒香とこの日初対戦を迎えたが、二ゴロに打ち取り三者凡退。3回は四球で走者は出したものの、無失点で抑え、流れを引き寄せた。
 
 2点リードとなった4回2死の場面では、筒香と2度目の対決。三ゴロに抑え、この回も三者凡退とした。
 
 しかし5回、先頭の6番ウィリー・アダメス内野手に二塁打を打たれ、初めて得点圏に走者を置かれると、続く7番ケビン・キアマイアー外野手に痛恨の2ラン本塁打を浴び、同点に追いつかれた。
 
 田中は6回も続投。2者から三振を奪うなど三者凡退に抑えると、直後に味方打線が逆転に成功し、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。
 
 この日の田中は、6回(88球)を投げ、被安打3、被本塁打1、与四死球2、奪三振7、失点2の成績で1勝目。防御率3.38となっている。
 
 ヤンキースは、初回に1番D.J.ルメイヒュー内野手の先頭打者本塁打で先制。3回には1番ルメイヒューの2打席連続本塁打で2点差とした。5回に同点に追いつかれるも、6回に5番ジオ・アーシェラ内野手の二塁打と敵失で3点を奪い、逆転に成功した。直後に1点を返されるも、リリーフ陣が踏ん張り、5-3で勝利。レイズとの首位攻防3連戦を1勝1敗とし、その差を3.5ゲームに縮めた。



  • 記者募集