データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、第5号本塁打含む2安打2打点! レイズは2桁12得点で乱打戦制しスイープ

2020/08/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 タンパベイ・レイズの筒香嘉智外野手は30日(日本時間31日)、敵地でのマイアミ・マーリンズ戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席に2ラン本塁打を放つなど2安打2打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。
 

 
 第1打席は1点を先制した後の初回1死一塁の場面。1ボール2ストライクから、マーリンズの先発右腕サンディ・アルカンタラ投手が投じた89.3マイル(約143キロ)のチェンジアップをとらえた。高く上がった打球は右中間スタンドに吸い込まれる第5号2ラン本塁打となり、リードを3点に広げた。
 
 3回2死の第2打席は見逃し三振。5-1と変わった5回無死一、二塁の第3打席は四球を選ぶと、大量得点を奪い、2死一、二塁でこの回2度目となる第4打席に立ったが、一ゴロに倒れた。
 
 12-7の8回無死で迎えた第5打席は、右翼への二塁打。得点には至らなかったが、チャンスメイクを見せた。
 
 この日の筒香は、4打数2安打1本塁打1四球の成績。打率.188、OPS.720となっている。
 
 レイズは初回に1番ジョーイ・ウェンドル内野手の先頭打者本塁打、筒香の2ラン本塁打で3点を先制。4回には敵失で2点を追加した。5-1となった5回には、5番ウィリー・アダメス内野手の満塁本塁打などで一挙7得点を挙げ、一気に試合を決定付けた。以降はリリーフ陣が打ち込まれ、7回には4点を失うなど差を詰められたが、前半の大量得点を守り切り、12-7で勝利。同カード3タテの5連勝を飾った。

1 2


  • 記者募集