データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、2安打2打点1盗塁と走攻に躍動! エンゼルスは打線繋がり連敗ストップ

2020/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は25日(日本時間26日)、敵地で行われたヒューストン・アストロズとのダブルヘッダー(7回制)に臨み、2試合連続先発出場。2試合目は「4番・指名打者(DH)」で2安打2打点1盗塁の活躍を見せ、チームも12-5で勝利を収めた。
 

 
 大谷の第5打席は、9-4の7回1死満塁で迎えた。初球にワイルドピッチで三塁走者が生還し10点目。二、三塁と局面が変わると、フルカウントからアストロズの7番手ジョー・ビアジニ投手が投じた92.7マイル(約149キロ)のシンカーをとらえた。強烈な打球は内野の間を抜け、右中間への2点適時二塁打となった。
 
 第1打席は1回1死一、二塁の好機も、アストロズの先発ブランドン・ビーラク投手の前に左飛。第2打席は4点リードの3回無死から三塁への内野安打で出塁すると、6番ブライアン・グッドウィン外野手の打席間に二盗を決め、今季3個目の盗塁を記録した。
 
 5点リードに変わった5回無死の第3打席では、冷静に四球を選び、6番グッドウィンの犠飛の間に6点目のホームを踏んだ。第4打席は8-4となった6回無死一、二塁で際どい判定も見逃し三振となると、この判定を不服としたジョー・マドン監督が球審に猛抗議。マドン監督は退場処分となった。
 
 この試合の大谷は、4打数2安打2打点1四球1盗塁の成績。打率.183となっている。
 
 エンゼルスは、初回2死満塁から6番グッドウィンの3点適時打、続く7番ジョー・アデル外野手の適時二塁打が飛び出し、幸先良く4点を先制した。以降も4回に9番ルイス・レンヒフォ内野手のソロ本塁打、5回に6番グッドウィンの犠飛で得点を重ね、一時6点リードを奪ったが、5回裏に先発フリオ・テヘラン投手がつかまり4失点。一気に2点差まで詰め寄られた。しかしこの試合は打線が奮起。直後の6回に2番トミー・ラステラ内野手、3番デビッド・フレッチャー内野手の連続適時打で2点を追加すると、7回にも3番フレッチャー、4番大谷の連続適時打などで4点を奪った。その裏に1点を失ったが、12-5で勝利。連敗を3でストップし、今季10勝目を挙げた。



  • 記者募集