データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



レッズ・秋山翔吾、2打数無安打で3打席目に代打送られ交代

2020/08/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 シンシナティ・レッズの秋山翔吾外野手は21日(日本時間22日)、敵地でのセントルイス・カージナルス戦に「6番・中堅」で先発出場。2打数無安打で迎えた第3打席、代打を送られて交代した。試合はレッズが4-2で逆転勝ちした。
 

 
 第1打席は、0-0で迎えた2回表1死一塁の場面。カージナルス先発のダコタ・ハドソン投手の前に一ゴロ。一塁走者が二塁でフォースアウトとなり、秋山は一塁に生きたものの、後続は続かずこの回は無得点に終わった。第2打席は0-1の4回1死一塁の場面。死球で浮き足立つハドソンを一気に攻めたい場面だったが、見逃し三振に倒れた。
 
 第3打席は2点ビハインドの6回表、2死ながら三塁のチャンスで迎える場面だったが、代打を送られ交代。ベンチに下がった。
 
 この日の秋山は、2打数無安打1三振の成績。打率.219となっている。
 
 レッズ打線は、初回から相手投手陣に歯が立たず。5回を終えて1安打無得点と苦しんだ。しかし、6回は相手のエラーや四球を絡めて4得点。逆転に成功した。投手陣は3回と5回に1点ずつを失うも、最後まで粘った。レッズはわずか2安打ながら4点を奪い、4-2で勝利した。



  • 記者募集