データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、登板翌日に「3番・DH」でスタメン出場も無安打。筒香嘉智は2度目の4番起用

2020/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 MLBの27日(日本時間28日)に行われた試合で、大谷、筒香がそれぞれスタメン出場を果たした。
 

 
 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷は、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。中0日での出場はメジャー移籍後初となったが、4打数無安打3三振に終わり、打率は.111まで下がった。
 
 1回の第1打席は1死二塁のチャンスで打席を迎えたが、アスレチックスの先発右腕・バシットの前に空振り三振、第2打席は中飛に倒れた。
 
 投手が変わった6回の第3打席は右腕のスミス、8回の第4打席では左腕のディークマンとの対戦となったが、2打席連続で空振り三振に倒れ、昨夜に続いて悔しい結果に終わった。チームも0対3で完封負けを喫し、1勝3敗でカード負け越しとなった。
 
 タンパベイ・レイズの筒香は、本拠地でのアトランタ・ブレーブス戦に「4番・左翼」でスタメン出場。2試合ぶりの4番起用で4打数1安打1四球、打率.154となった。
 
 2回の第1打席はブレーブスの先発右腕・フォルテネーブルの前に見逃し三振に終わったが、4回の第2打席では1死1塁から四球を選び、一挙8得点に繋げた。
 
 右腕・トゥーサンと対峙した5回の第3打席、6回の第4打席はともに二ゴロに倒れたが、8回の第5打席では左腕・デイトンから右安打を放ち、チャンスメイクを見せた。チームは14対5で大勝を収め、3連勝となった。



  • 記者募集