データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLB、2020年ドラフト会議の中止が合理的である理由。球団側にもメリット、指名選手への影響は少ない?

2020/03/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 MLBが例年6月中旬に開かれる国内アマチュア選手のドラフト会議を中止し、さらに国外FA選手との契約開始時期延長を検討していると『AP通信』が報じた。記事では情報源をMLB内部の議論に関わっている人物とするのみで、MLBもこの件について公式にコメントはしていない。
 

 

カレッジ・ワールドシリーズ(CWS)中止の余波

 2020年のMLBドラフト会議は大学野球の全米一を決める大会「カレッジ・ワールドシリーズ(CWS)」が行われるネブラスカ州オマハに会場を移し、同シリーズが開幕する直前の6月10-12日に行われる予定である。少なくとも現時点では、MLBはこれらを変更するとの発表はしていない。
 
 だが、CWSが今年は中止されることが既にNCAA(全米大学体育協会)より発表され、MLBが決めたドラフト会議の場所と時期は意味を失っている。

1 2 3 4



  • 記者募集