データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「サイン盗み」厳罰アストロズ、急務の後任監督選びは前途多難? オーナー奮闘も“ヒンチ体制”留任希望

2020/01/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



「監督が今いる選手を管理したくない理由が分からない」

 ヒューストン・アストロズのオーナーであるジム・クレイン氏は17日(日本時間18日)、「サイン盗み」で解任したA.J.ヒンチ監督の後任を2月3日(同4日)までに決める予定であることを明かした。米スポーツ専門サイト『ESPN』が伝えている。
 
 アストロズは、2017年から2018年にかけて行われたとされる「サイン盗み」がMLB(メジャーリーグ)機構の調査によって明らかになり、同機構から1年間の出場停止処分を受けたジェフ・ルーノーGMとヒンチ監督を即日解任した。
 
 スプリングトレーニング(春季キャンプ)まで約1カ月、レギュラーシーズン開幕まで約2カ月半と迫っている中、球団としては早急に新しい後任が必要となっている。そこで、同サイトによれば、クレイン氏は17日までに多くの候補者と面接をしており、今後も話し合いを重ねていくという。
 
 クレイン氏は「我々は、チームとして新たな良いシーズンを過ごすべきだ。だから、監督が今いる選手を管理したくない理由が分からない。彼ら(選手たち)は再び勝利を手にするつもりだ」と語り、2017年以来となるワールドチャンピオンを目指すチーム作りを掲げている。
 
 現段階では後任候補はかなり多いとされているが、来週末までにリストを絞り込むことをクレイン氏は希望している。しかし、同サイトは「クレイン氏は“ヒンチ体制”のスタッフのほとんどが所定の職に留任することを期待している」としており、その考えが新たな監督候補の反応にも影響を及ぼすことも考えられる。




  • 記者募集