データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤンキース・スタントン「コールとストラスバーグを獲得しよう」と提案 悲願の世界一へ”悪の帝国”復活か

2019/11/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの主砲が刺激的な発言で話題を呼んでいる。2人のエース格投手を獲得するようにとのことで、ヤンキースにとっては久々の超大型補強が見られるかもしれない。公式サイト『MLB.com』が7日(日本時間8日)、伝えた。
 
 ヤンキースは今季、103勝をあげてアメリカン・リーグ東地区を制覇しながら、ポストシーズンで敗退。10年連続でリーグ優勝すら逃す結果となってしまった。これを受け、ジャンカルロ・スタントン外野手が大胆な発言をしたという。
 
 今オフの目玉となるフリーエージェント(FA)の先発投手は、ゲリット・コール投手とスティーブン・ストラスバーグ投手。ともにワールドシリーズまで好投を続け、世界最高峰の舞台で投げ合った好投手だ。『MLB.com』によるとスタントンは、「コールとストラスバーグを獲得しよう」と提言したという。
 
 高額な年俸で強力選手を集める姿勢から、”悪の帝国”と揶揄されることも多かったヤンキースだが、近年の動きはおとなしかった。しかし、ここにきてチームの方針が改めて変更される可能性が示唆されている。
 
 生え抜き選手を中心としたチーム編成が近年の傾向だが、スタントン自身は巨額の契約を引っ提げてトレード加入した選手。「ヤンキースにはスターが多くても、『多すぎる』ということはない」とコメントした。
 
 レギュラーシーズンでの強さは圧巻ながら、短期決戦に不安を残したヤンキース。特に、強力な先発投手は1人で試合を左右する存在だ。コールとストラスバーグの”両獲り”となれば、来年の世界一最有力候補に躍り出そうだ。