データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、17号3ラン含む自己最多5打点 サイクルあと一歩も13戦ぶり3安打“猛打賞”

2019/09/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



カーブと速球を捉え固め打ち!今季12個目の盗塁も

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が7日(日本時間8日)、敵地ギャランティード・レイト・フィールドでのシカゴ・ホワイトソックス戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場し、17号3ラン本塁打を含む5打数3安打5打点と活躍してチームの勝利に大きく貢献した。
 
 今季初の4番に座った大谷は、前日に二塁打と三塁打を放ち2安打をマークした調子そのままに、この日も快音を響かせた。
 
 エンゼルスは初回、ホワイトソックス先発の右腕ダイラン・コービー投手に対して先頭から2者連続安打で一、二塁のチャンスを作る。そして1死後に大谷に第1打席が回った。
 
 大谷は初球の内角85.5マイル(約138キロ)のカーブを捉えると、ライナー性の鋭い打球は三塁線を破る2点適時二塁打に。エンゼルスが幸先良く先制を果たした。
 
 いきなり長打を放った大谷。エンゼルスは直後に同点に追い付かれたが、3回に再び大きなチャンスを迎える。この回も四球と安打などで無死一、三塁とすると、ここで第2打席に立った大谷が待望の一打を放つ。
 
 大谷はコービーに対してカウント1-0からの2球目、高めにきた96.2マイル(約155キロ)のツーシームを捉えると、高く上がった打球はそのまま左翼スタンドに飛び込む第17号3ラン本塁打となった。
 
 大谷の本塁打はシーズン後半に入って2本目で、8月18日(同19日)以来自身15試合ぶり。米解析サイト『Statcast』によれば、この一発の打球初速は107マイル(約172キロ)で、飛距離は403フィート(約123メートル)。そして打球角度は33度、5.6秒という滞空時間の大放物線だった。
 
 大谷のこの日キャリア最多5打点目となる一発で5-2と勝ち越したエンゼルスは、その後も打線が繋がり満塁のチャンス。そして2番手の右腕カーソン・フルマー投手からデビッド・フレッチャー内野手が押し出し四球、さらにフルマーの暴投によって7-2と大きくリードを広げる。
 
 3回に打者10人の攻撃を仕掛けたため、大谷は続く4回に早くも第3打席を迎えた。1死走者なしで立ったこの打席では、イニング跨ぎとなったフルマーと対戦した。
 
 そしてカウント1-1からの3球目、外角やや低めの83.1マイル(約134キロ)のカーブを弾き返すと、今度の打球は右前への安打となってこの日3安打目。8月20日(同21日)以来の“猛打賞”固め打ちとなった。さらに大谷は直後に今季12個目の盗塁を決めたが、得点には至らなかった。
 
 エンゼルスは、投げては先発のアンドリュー・ヒーニー投手が2回以降は立ち直って4回まで3イニング連続無失点。しかし、5回にティム・アンダーソン内野手、ヨアン・モンカダ内野手に連続適時打を浴びて2失点を喫する。
 
 三塁打が出れば今季自身2度目のサイクル安打となる大谷は、6回に第4打席を迎える。再び1死走者なしだったこの打席では4番手の右腕ホセ・ルイーズ投手と対戦し、カウント0-1からの2球目、外角低め87.5マイル(約141キロ)のチェンジアップを芯で捉えたが、惜しくも投直。サイクル安打は次打席にお預けとなった。

1 2 3



  • 記者募集