データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、待望の16号&自己最長9戦連続安打で3割目前 エンゼルスは4本塁打で連勝

2019/08/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が18日(日本時間19日)、本拠地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。7月27日(同28日)以来となる16号本塁打を放つなど、2安打2打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。
 
 ホワイトソックス先発シーズに対し、初回の第1打席はツーシームをひっかけ二ゴロに倒れた大谷。第2打席は、1死二塁のチャンスで打席が回るも、低めのスライダーに手が出て空振り三振。5回には先頭打者として、2球目のチェンジアップを捉えライナー性の打球を右方向へ飛ばしたが、右翼フェンス手前で捕球された。
 
 シーズには3打席凡退に封じ込められた大谷だったが、7回の第4打席、四球で出塁したフレッチャーを一塁に置き、2番手デトワイラーが投じた外寄りのカットボールを上手くヘッドに乗せると、打球はセンターフェンスを超え74打席ぶりとなる一発となった。
 
 大谷は第5打席にも一塁強襲安打を放ち、マルチ安打をマーク。この日は5打数2安打、1本塁打、2打点、の成績で、打率.299、OPS.877とし、連続試合安打も自己最長の「9」に伸ばしている。
 
 エンゼルスは、4本塁打を放つなど打線が爆発。投げては先発キャニングが7回1失点と好投し、9-2でホワイトソックスに連勝した。

1 2