データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、強力フィリーズ打線相手に4回まで無四球無失点快投! 5勝目なるか

2019/08/16

text By

タグ: , , , , , , , ,



 シカゴ・カブスは15日(日本時間16日)、フィラデルフィア・フィリーズと対戦。ダルビッシュ有投手が先発登板し、4回まで被安打2、無四球、奪三振5、無失点の見事な投球を披露している。試合は5回に入り、5‐0でカブスがリードしている。
 
 ダルビッシュは5勝目をかけ、今季25試合目に登板。好調な打撃も加味し、「8番・投手」での出場となった。
 
 初回は先頭のリース・ホスキンス内野手からカットボールで空振り三振を奪うなど、上位打線を退ける上々の立ち上がり。一邪飛を2つ打たせるなど、球威で押していった。
 
 2回はジーン・セグーラ内野手から始まる打順を中飛、中直、空振り三振で三者凡退。ツーシームとカットボールのコンビネーションで三振を奪うなど、「球威のある制球型」ともいえる知能的な投球を見せつけた。
 
 3回表に先制点をもらったダルビッシュは、裏にこの日の初安打を許すものの、ブライス・ハーパー外野手を含め2人から三振を奪い無失点。ハーパーにはカーブ、スプリット、ツーシームと、「直球・カットボール」を軸としてきたこれまでの配球の裏をかく形で見事な三振を披露した。
 
 ダルビッシュは4回、先頭のJ.T.リアルミュート捕手に二塁打を許し、この試合初めてのピンチを迎える。しかし、後続を落ち着いて左飛、遊ゴロに打ち取って2死三塁とすると、最後は見逃し三振を奪って無失点で切り抜けた。
 
 ダルビッシュは4回まで47球、被安打2、与四球0、与死球1、奪三振5で無失点。中盤、終盤に向けさらにペースを上げ、5勝目をゲットしたいところだ。