データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、6回途中5失点KOで8勝目ならず ヤンキースは両軍計7発の乱打戦制し6連勝

2019/08/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



失意の被安打10…防御率4.93に

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)、敵地オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズでのボルティモア・オリオールズ戦に先発登板し、6回途中5失点で8勝目はならなかった。
 
 3試合ぶりの勝ち星8勝目を狙った田中が、同じアメリカン・リーグ東地区最下位のオリオールズ戦で長打8本を含む10安打を浴びる散々な内容を喫した。
 
 田中は初回から2イニング連続で二塁打を浴びるも無失点。しかし、1-0とリードした3回に1死からジョナサン・ビヤー内野手に三塁打を許すと、続くトレイ・マンシーニ外野手に中前適時打を浴びて1-1の同点とされる。
 
 4回も四球と暴投などで2死一、三塁とピンチを招いた田中。ここで一塁走者の二塁盗塁を阻止しようとオースティン・ロマイン捕手が二塁へ送球した際にが三塁走者が本盗を仕掛けたが、これはディディ・グレゴリアス内野手の素早い送球によって間一髪アウト。何とか失点を防いだ。
 
 ピンチを脱したヤンキースは、オリオールズ先発のガブリエル・イノー投手に猛攻を仕掛ける。先頭の6番ブレット・ガードナー外野手とマイク・トークマン外野手の中前安打などで一、三塁とチャンスを広げると、9番のブレイビック・バレラ内野手の右翼線を破る2点適時二塁打が飛び出し3-1と勝ち越しに成功した。
 
 さらに相手守備の野選で1点を追加し、この回一挙3得点で4-1として粘投を続ける田中にようやく援護点をプレゼントすることができた。
 
 しかしその田中が波に乗れない。5回に1死からアーロン・ジャッジ外野手の緩慢な守備によってビヤーに二塁打を許すと、この回は無失点でしのいだものの、続く6回についに落とし穴にはまる。
 
 ヤンキースがガードナーとトークマンのソロ本塁打で2点を追加し6-1とリードを広げた6回、田中は先頭のレナート・ヌニェス内野手にこの試合6本目の長打となる二塁打を浴びると、続くジェイス・ピーターソン内野手には初球のフォーシームを左中間スタンドへの2ラン本塁打を浴び2失点。
 
 さらに内野安打、二塁打を立て続けに浴びて無死二、三塁とピンチを招き、8番クリス・デービス内野手に犠飛を打たれて6-4と2点差に詰め寄られてしまった。
 
 田中は1死三塁としたところで降板。この日は5回1/3、92球(ストライク60球)を投げて被安打10、与四球2、奪三振4。この時点は失点4だったが、2番手のトミー・ケインリー投手が同点2ラン本塁打を浴びたため、失点5となって防御率4.93となった。
 
 田中がこの日打たれた10安打のうち、長打(二塁打、三塁打、本塁打)はそのほとんどを占める8本。自身の8勝目はおろか、同地区最下位の負けられない相手に大乱調で3試合連続で結果を残すことができなかった。
 
 6-6とされたヤンキースは、8回にオリオールズ4番手のポール・フライ投手からマイク・フォード内野手が第2号ソロ本塁打を放ち勝ち越し。さらにトークマンのこの日2本目となる2ラン本塁打で計3点を挙げて9-6とオリオールズを突き離した。
 
 8回、9回はそれぞれザック・ブリットン投手、アロルディス・チャップマン投手が無失点に抑えて試合終了。ヤンキースが両チーム計7本塁打を含む24安打の打ち合いとなった試合を9-6で制し、6連勝を飾った。