データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



バウアーがレッズ、プイーグはインディアンスへ 大型三角トレード、パドレスは有望株を獲得

2019/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 クリーブランド・インディアンスが、サンディエゴ・パドレスとシンシナティ・レッズとの三角トレード。トレバー・バウアー投手はレッズに移籍する。米公式サイト『MLB.com』が30日(日本時間31日)報じている。
 
 今回のトレードで、レッズからヤシエル・プイーグ外野手とスコット・モス投手、パドレスからフランミル・レイエス外野手と左腕のローガン・アレン投手、ビクター・ノバ投手がインディアンスへ移籍。さらに、レッズからプロスペクトのテイラー・トランメル外野手がパドレスへ。そして、インディアンスからバウアーがレッズへ移籍する。
 
 インディアンスは、オフにマイケル・ブラントリー外野手がフリーエージェント(FA)となりヒューストン・アストロズへ移籍。以来、外野陣が手薄となっていた。アメリカン・リーグ中地区2位につけているチームにとって、課題の攻撃力を強化した形だ。
 
 またレッズは、今季24試合に登板し、9勝8敗、防御率3.79のバウアーを獲得。ソニー・グレイ投手やルイス・カスティーヨ投手らとともに強力ローテを形成する。
 
 パドレスは、ナ・リーグ西地区最下位に沈んでおり、有望株を獲得し、来季以降のチーム作りに着手している。
  
 三角トレードによる各球団の獲得選手は以下の通り。
 
■レッズ
トレバー・バウアー投手(インディアンスより)
 
■パドレス
テイラー・トランメル外野手(レッズより)
 
■インディアンス 
ヤシエル・プイーグ外野手
スコット・モス投手(以上レッズより)
 
フランミル・レイエス外野手
ローガン・アレン投手
ビクター・ノバ内野手(以上パドレスより)