データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、内野安打稼ぎ今季23度目マルチ&9個目盗塁も エンゼルスはサイスの2ランで先制成功

2019/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席に内野安打を放ちマルチ安打をマークした。
 
 大谷は初回の第1打席で、タイガース先発の右腕ドリュー・バーヘイゲン投手から12打席ぶりの安打となる中前安打。久々に快音を響かせた。
 
 エンゼルスは2回にマット・サイス内野手の第5号2ラン本塁打で2点を先制。先発のグリフィン・キャニング投手も3回まで被安打1、無失点の投球で流れを作る。
 
 大谷は3回の先頭で第2打席を迎え、バーヘイゲンに対して今度はカウント1-2から94.6マイル(約152キロ)のフォーシームを弾き返すと、三塁への当たりは俊足を生かした内野安打に。今季23度目となる1試合複数安打をマークした。
 
 さらに大谷は続くコール・カルフーン外野手の打席で今季9個目の盗塁成功。得点には結びつかなかったが、前日までの鬱憤を晴らすような活躍を見せている。