データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、“お得意様”ロッキーズにまさかの6失点KO 2カ月連続勝ち星なしがほぼ確定

2019/07/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



4回までは粘投、相手エースと投げ合うも…

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が29日(日本時間30日)、敵地クアーズ・フィールドでのコロラド・ロッキーズ戦に先発登板。5回途中6失点で8勝目はならなかった。
 
 前田は7月は未だ勝ちがなく、6月~7月と2カ月連続の無勝利を阻止すべく過去6勝3敗、防御率2.41と好相性のロッキーズ戦に挑んだ。
 
 前田は初回、先頭のデビッド・ダール外野手を92.8マイル(約149キロ)のフォーシームで見逃し三振に仕留めると、1死一塁から3番のノーラン・アレナド内野手も84.2マイル(約135キロ)のスライダーで空振り三振。続くダニエル・マーフィー内野手は84.8マイル(約136キロ)のチェンジアップで遊ゴロに打ち取って無失点の立ち上がりを見せた。
 
 ドジャースは2回の攻撃でロッキーズ先発のジョン・グレイ投手から連続四球を選んで無死一、二塁のチャンスをもらうも、後続の打者が3者連続三振に倒れ無得点。前田に援護点をプレゼントすることができなかった。
 
 すると前田は、直後の投球で1死からイアン・デズモンド外野手に初球のスライダーを捉えられ、中堅手が飛球の目測を誤って後逸し三塁打とされると、続くライメル・タピア外野手に右前適時打を浴びて先制点を与えてしまった。
 
 それでも、ここから前田は立て直し最少失点で抑えると、3回は2三振を奪ってこの日初めての3者凡退。グレイとの投げ合いは緊迫の雰囲気で0-1のまま試合中盤の5回に差し掛かった。
 
 5回、前田が試練のマウンドを迎える。先頭のトニー・ウォルターズ捕手に右前安打、投手のグレイには四球を与え無死一、二塁。ここでダールに低めのチェンジアップを中前へ弾き返され、これが適時打となって1失点を喫した。
 
 さらに続くトレバー・ストーリー内野手には初球のチェンジアップを二塁への内野安打とされて満塁。ここでアレナドに右前への2点適時打、ライアン・マクマーン内野手にも初球のチェンジアップを叩かれて右翼へ2点適時打と連打を許し、前田はこの回1死も取れないままノックアウトとなった。
 
 スコア0-6、なおも無死二、三塁でマウンドを託されたドジャース2番手のケイレブ・ファーガソン投手は続くデズモンドを敬遠として満塁。しかし、後続を3者連続で打ち取ってロッキーズに追加点は許さず、前田の失点が増えることもなかった。
 
 それでも、前田はこの日4回0/3、92球(ストライク58球)を投げて被安打8、与四球2、奪三振5、4月23日(同24日)に喫して以来となる失点6の内容で防御率4.07となった。これにより、前田は7月は未勝利のまま終えることがほぼ確定。6月に続いて2カ月連続で勝ち星なしということになった。