データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、2打席連発はならず第3打席は左飛 外のツーシームを逆方向へ弾き返すもフェンス前で失速

2019/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



試合は5-5の同点で後半へ

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は左飛に倒れた。
 
 エンゼルスは2点を追う初回の攻撃で、オリオールズ先発の右腕アーロン・ブルックス投手からマイク・トラウト外野手が第34号2ラン本塁打を放ち同点。大谷は直後の第1打席は外角低めのチェンジアップに空振り三振を喫した。
 
 その後、2点を勝ち越し4-2としたエンゼルスだったが、先発のディロン・ピーターズ投手が3回に3失点し逆転を許す。それでも、その裏の攻撃で先頭打者として第2打席を迎えた大谷が低めのスライダーを捉え、中堅への推定飛距離134.4メートルの特大第15号ソロ本塁打を放って5-5の同点に追い付いた。
 
 4回は両チーム無得点。5回、大谷は再び先頭打者として第3打席に立ち、ブルックスと対戦した。カウント1-0から外への89.4マイル(約144キロ)のツーシームを逆方向の左翼へ弾き返したが、大きな飛球はフェンスまであとわずかのところで失速し左飛となった。