データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、今季2本目の三塁打!初球捉え右翼線へ 3試合ぶり安打に観衆沸く

2019/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



第2打席で内角の速球を弾き返す

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席は今季2本目となる三塁打を放った。
 
 エンゼルスは初回、急遽昇格し今季初登板のニック・トロピアーノ投手が初回に無安打のまま犠飛で先制点を失う。
 
 その裏の攻撃では2死走者なしで2試合連続無安打の大谷が第1打席を迎えたが、オリオールズ先発の右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手の低めのカーブを捉えたものの右飛。3者凡退に倒れた。
 
 6月9日(同10日)以来久々のメジャーのマウンドとなったトロピアーノは、なかなかリズムが作れない。2回にも1点を追加され、なおも満塁で2点適時打、さらにレナード・ヌニェス内野手に3ラン本塁打を浴び一挙6失点。エンゼルスは0-7と大きく突き離された。
 
 エンゼルス打線がウォジャハウスキーの前に3回まで走者を出せない中、トロピアーノは3回~4回は無失点と徐々に調子を取り戻す。大谷の第2打席は4回、再び2死走者なしの場面だったが、初球の内角91.8マイル(約148キロ)のフォーシームを引っ張ると、打球は右翼線を転々。その間に大谷は三塁を陥れ、今季2本目となる三塁打となった。
 
 しかし、大谷の3試合ぶりの安打にも後続のジャスティン・アプトン外野手が二飛に倒れ、エンゼルスはこの回も無得点に終わった。