データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダイヤモンドバックス・平野佳寿、3試合連続無安打無失点 防御率は5月以来の3点台に

2019/07/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が22日(日本時間23日)、本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦にリリーフ登板。3試合連続となる無安打投球で1回を無失点に抑えた。
 
 3点リードで迎えた7回、平野は2番手として登板。先頭のジョナサン・ビアー内野手をスプリット2つで追い込むと、カウント1ボール2ストライクからの5球目、低めのスプリットを打たせて二ゴロとする。続くハンサー・アルベルト内野手に対しては、直球でセンターライナー。テンポよく2人を打ち取ると、3番トレイ・マンシーニ外野手もセンターライナーとし、上位打線を3人で退けた。
 
 この日の平野は、1回(10球)を投げ、無安打、無失点。防御率3.93とし、5月4日(同5日)以来の3点台に復帰した。
 
 試合は、リードを守り抜いたダイヤモンドバックスが、6-3で勝利している。