データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、苦手左腕ルブランに13打席連続無安打 5回までに2三振&遊ゴロと凡退

2019/07/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



エンゼルスは4回に同点に追い付く

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が20日(日本時間21日)、敵地Tモバイルパークでのシアトル・マリナーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打席目までを終え無安打となっている。
 
 エンゼルスは前日に8回までパーフェクトに抑えられるなど0-10で1安打完封負け。大谷も3打数無安打に終わり、打率が.297まで下がった。この日はマリナーズが「オープナー」を採用し、右腕のマット・ウィスラー投手と初回で対することになった。
 
 大谷は初回1死一塁の場面で第1打席を迎え、2球目に一塁走者のデビッド・フレッチャー内野手が二塁へ盗塁。先制点のチャンスとなったが、フルカウントから内角低め85.5マイル(約138キロ)のスライダーに空振り三振を喫した。
 
 気持ちを切り替えたいところだったが、大谷は3回の第2打席で過去11打数無安打と苦手としている2番手の左腕ウェイド・ルブラン投手と対戦。2死一塁の場面だったが、カウント2-2から78.8マイル(約127キロ)の外低めのチェンジアップに空振り三振を喫してルブランからのメジャー初安打はならなかった。
 
 一方、エンゼルス先発のグリフィン・キャニング投手は2回に犠飛で先制点を許すと、続く3回にはオマー・ナルバエズ捕手に適時打を浴びて0-2と、序盤から制球が定まらずマリナーズに主導権を渡す形となってしまった。
 
 エンゼルスは4回にようやくルブランをとらえる。2つの四球と安打で無死満塁とチャンスを作ると、7番コール・カルフーン外野手の併殺打の間の得点と続くケバン・スミス捕手の適時打で2得点。2-2の同点に追い付いた。
 
 5回、引き続きマウンドに登っているルブランに対し、大谷が2死走者なしの場面でこの日3打席目。2ボールから粘ってフルカウントとすると、9球目の内角低め87.2マイル(約140キロ)の速球を弾き返すも右寄りに守っていた遊撃の正面を突くゴロに倒れた。ルブランに対してはこれで13打席無安打となった。