データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、25歳バースデー13号弾は憧れバーランダーから! 中堅バックスクリーンへの129m特大ソロ

2019/07/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



第2打席に高めの153キロ捉えた

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が5日(日本時間6日)、25歳の誕生日を迎え、「3番・指名打者(DH)」で先発出場した敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦でジャスティン・バーランダー投手から本塁打を放った。
 
 大谷はこの日25歳の誕生日。「3番・指名打者(DH)」で先発出場しバースデー弾が期待される中、昨年8月25日(同26日)に本塁打を記録している憧れのバーランダーとの対戦が再び実現した。
 
 初回の第1打席は1死一塁の場面でカーブに空振り三振に倒れたが、3回の第2打席に待望の瞬間が訪れた。0-1と1点を追う展開で、まず1番のコール・カルフーン外野手が2ラン本塁打で2-1と逆転に成功。そして2死後に打席に立った大谷は、カウント1-0から高めの94.9マイル(約153キロ)を捉えると、打球は中堅バックスクリーンへの第13号ソロ本塁打となった。
 
 米公式解析システム『Statcast』によれば、この本塁打の打球初速は108マイル(約174キロ)、打球角度32度、最高到達点124フィート(37.8メートル)、飛距離423フィート(128.9メートル)、滞空時間6.2秒という大アーチだった。
 
 大谷の本塁打は、6月30日(同7月1日)に1試合2本塁打を放って以来4試合ぶり。エンゼルスは3-1とリードを広げ、大谷は第2打席までを終えて2打数1安打、打率を.312としている。

1 2