データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、第3打席で右中間への二塁打 トラウト弾後に初球攻撃、アップトンの適時打で生還

2019/07/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が3日(日本時間4日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第3打席で右中間へ二塁打を放った。
 
 6回、前を打つトラウトがこの日2本目となる24号ソロ本塁打を放ち、5-2とリードをひろげた。続く大谷は、初球、91.2マイルの速球を捉えると、右中間への二塁打となった。さらにアップトンが左翼前に安打を放つと、大谷は快足を飛ばしてホームイン。3連打で2得点を挙げた。