データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、またも“悪癖”で最悪5失点。余裕なくアドバンテージ台無し MLB屈指の好投手との対戦は痛み分け【雄星リポート第18戦】

 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦に先発登板した。メジャーリーグ屈指の好投手ジャスティン・バーランダー投手との投げ合いとなった試合は、ともに5回で降板する苦しいピッチング。菊池は5回6安打5失点(自責点3)バーランダーは5回5安打4失点で降板し、両者に勝ち負けはつかず痛み分けとなった。

2019/06/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



先頭から2者連続四球から崩れ、味方守備のエラー絡む悪循環

 とはいえ、両者のピッチングを総括すると、悔いが残るのは菊池の方だろう。
 
 二人が降板した時点で、アストロズが勝っていたからではない。もう少し上手く運べば、MLB屈指の好投手に対して勝てることもできた試合であったからだ。
 
 この試合のハイライトは、2回にあった。
 1回裏の立ち上がりを完璧に抑えた菊池は、2点のリードを持って2イニング目に向かった。しかし、これまでも度々繰り返してきた得点直後の悪い癖を露呈した。
 
 先頭のマイケル・ブラントリー外野手を四球で歩かせると、続く5番のユリ・グリエル内野手も四球を与えてしまったのだ。ともに1球しかストライクを投じることができずに、たちまちピンチを招いたのだった。
 
 続く6番のロビンソン・チリーノス捕手は空振り三振に斬って取ったものの、7番のジョシュ・レディックの二ゴロをマリナーズの二塁手であるディー・ゴードン内野手が後逸。1点を失うと、続くジェイク・マリズニック外野手には初球のスライダーを左翼線に弾き返される適時二塁打。一塁走者のレディックが長駆ホームイン。逆転を許したのだった。
 
 さらに走者を貯めて、ジョージ・スプリンガー外野手に右前適時打、ホセ・アルトゥーべ内野手には中堅への犠飛を浴びて計5失点を喫した。
 
 悔いが残るのは、2人への四球だ。
 得点を取った直後、相手打線が高い集中力を持って臨んでくるのは、野球の中では当然にあることだ。だが、こうした時に自ら崩れてしまうのが、菊池の悪癖でもあるのだ。
 
 2点リードがあるにも関わらず、その余裕がない。たとえブラントリー、グリエルに連続本塁打を浴びても同点。それが先制点を取る優位性なのだが、2点のアドバンテージさえ有効活用できないのだ。

1 2 3