データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、第3打席は四球&盗塁でチャンスメイク 3打席3出塁の活躍

2019/06/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地でのシンシナティ・レッズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第3打席は四球を選び、今季4つ目の盗塁も記録した。
 
 1点ビハインドの5回、エンゼルスは「7番・一塁」でスタメン出場を果たしたボーアがソロ本塁打を放ち同点。6回の守りでは、1死三塁のピンチを招いたが、三塁手フレッチャーの好守備もあり、無失点で切り抜けた。
 
 6回裏、なんとか援護点を挙げたいエンゼルス打線だが、先頭のトラウトは三振を喫する。しかし、大谷は身体に近いところを攻められるも、四球を選び、この日3出塁目。続くアップトンの打席ですかさず盗塁を決め、1死二塁のチャンスを演出する。
 
 アップトンは四球で出塁。グッドウィンが三振に倒れ、2死一、二塁となり打席にはフレッチャーが立ったが、内野ゴロに倒れ、得点を挙げることはできなかった。試合は1-1のまま7回に進んでいる。