データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、4回までに二塁打含むマルチ! エンゼルスは5回に先制許す

2019/06/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



試合前にはブルペン入りも

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地でのシンシナティ・レッズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席までで、二塁打を含む2安打の活躍をみせている。
 
 この日は試合前、靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後、初となるブルペン入りをした大谷。二刀流復活へ向けまた一つ強度を挙げた右腕だが、打者の方も変わらず好調を維持している。
 
 大谷は初回、2死から打席に立つと、レッズ先発ロアークに対し、インコースを攻められる。しかし、5球目のカーブを捉えて鋭い打球を飛ばし、左前安打とした。
 
 さらに4回、先頭バッターで迎えた第2打席、カウント1-1からの3球目、高めに浮いたスライダーを捉えると、打球はライトフェンス際へ。早くもマルチ安打となる、二塁打を放ってチャンスメイクした。
 
 試合は5回表に、前日退場処分となった“暴れ馬”プイーグにソロ本塁打を打たれ、1点リードを許している。




  • 記者募集