データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス、“足”で勝利つかみ勝率5割復帰! 大谷翔平は安打と打点で勝利に貢献

2019/06/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が25日(日本時間26日)、本拠地でのシンシナティ・レッズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。3打数1安打1打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。
 
 エンゼルスは1点をリードされて迎えた初回、先頭のラステラがセンターへのランニング本塁打を放ち同点に追いつく。2回には、プホルスの安打とフレッチャーの四球で1死一、二塁のチャンスで8番レンヒフォが3号3ランを放ち勝ち越しに成功する。
 
 3回以降は両チームともに無得点のまま、試合は後半戦に。7回、ラステラが安打で出塁すると、ベンチから代走トバーが送られる。そして、トラウトと大谷がそれぞれフェンス手前まで運ぶ飛球を放つと、トバーがタッチアップだけでホームを陥れ、貴重な追加点を挙げた。
 
 投げては、先発のヒーニーが6回途中1失点の好投。救援陣も無失点で繋ぎ、反撃の隙を与えず、5-1で勝利した。エンゼルスは、再び勝率を5割に戻している。
 
 この日の大谷は、3打数1安打、1打点の内容で、打率.277としている。




  • 記者募集